「b.Jin(美人)塾」発信!「毛穴レス肌」を手に入れる4大ポイントはコレ【前編】

「b.Jin(美人)塾」発信!「毛穴レス肌」を手に入れる4大ポイントはコレ【前編】

ビーグレンお客様専用サロン「the Salon by b.glen」が主催する美容講習会「b.Jin(美人)塾」のダイジェスト版として、前編・後編の2回に分けて「毛穴レス肌」になるための4大ポイントをご紹介します。まずは、毛穴のタイプを知ることからスタートする前編です。
脱・肌悩みシリーズ(14)乾燥・乾燥じわ「肌トラブルのトップ1は“乾燥”」

脱・肌悩みシリーズ(14)乾燥・乾燥じわ「肌トラブルのトップ1は“乾燥”」

美子がスキンケアスペシャリストのグレン先生とともに、皆様からの肌悩みへのご質問に回答するシリーズ『脱・肌悩み』。第14回は「乾燥肌」「乾燥じわ」を取り上げます。乾燥肌改善の第一歩は、本当の意味での「乾燥肌」を知ることなのです。
脱・肌悩みシリーズ(12) 目元のくま「“青くま”“茶くま”“黒くま”の“くま”3兄弟をやっつけろ!」

脱・肌悩みシリーズ(12) 目元のくま「“青くま”“茶くま”“黒くま”の“くま”3兄弟をやっつけろ!」

スキンケアスペシャリスト・グレン先生のアシスタント、美子が皆様からの肌悩みへのご質問に答えるシリーズ『脱・肌悩み』。今回はテーマは「くま」。「青くま」「茶くま」「黒くま」の3つの“くま”のタイプと対策ケアについて美子と一緒に確かめていきましょう。
「凛とした自信と一緒に、澄み切ったメリハリ素肌へ。」ビーグレンチャレンジvol.13

「凛とした自信と一緒に、澄み切ったメリハリ素肌へ。」ビーグレンチャレンジvol.13

乾燥・くすみでお悩みの向井聡美様(30代)が、ビーグレンチャレンジ!しっとりしたテクスチャーでブライトニング効果のある「QuSomeホワイトクリーム1.9」をご使用いただき、うるおった透明肌を手に入れられました。「鼻の頭が粉を吹くほどの乾燥を克服できました」と、輝く笑顔でフィニッシュです。
脱・肌悩みシリーズ(11) 目元のしわ「目元の肌は卵の薄皮と同じくらい薄い!」

脱・肌悩みシリーズ(11) 目元のしわ「目元の肌は卵の薄皮と同じくらい薄い!」

スキンケアスペシャリスト・グレン先生のアシスタント、美子が皆様からの肌悩みへのご質問に答えるシリーズ『脱・肌悩み』。第11〜13回目の3回にわたって 目元の「しわ」「くま」「たるみ」を取り上げていきます。まずは「目元のしわ」。ダメージが表れやすい目元の原因を探りながら、効果的なケアを美子と一緒に確かめていきましょう。
『ViVi(ヴィヴィ)』3月号に、Cセラムが掲載されました

『ViVi(ヴィヴィ)』3月号に、Cセラムが掲載されました

講談社の月刊発行しているファッション誌『ViVi(ヴィヴィ)』3月号 の『2019年ニキビ対策の鉄則は「ポツンとできたら即、正解ケア」!!』記事内でCセラムが掲載されました。「赤い炎症系のニキビ跡」に有効な製品として紹介されています。掲載誌とともにご覧ください。
『GLITTER(グリッター)』2月号に、Cセラムが掲載されました

『GLITTER(グリッター)』2月号に、Cセラムが掲載されました

トランスメディアが月刊発行しているファッション情報誌『GLITTER(グリッター)』2月号 に、『GLITTER』専属モデルのハーフィーズメンバーが発表する「実力派ビューティーアイテム」の美容液部門第1位としてCセラムが紹介されました。掲載誌とともにご覧ください。
「ニキビ跡に惑わされない、明るい美肌になれました。」 ビーグレンチャレンジvol.12

「ニキビ跡に惑わされない、明るい美肌になれました。」 ビーグレンチャレンジvol.12

ニキビ跡にお悩みの廣瀬優理果様(20代)がビーグレンチャレンジ!環境の変化に負けない「史上最高のキレイな肌になりたい」とのお気持ちがご応募のきっかけです。以前からビーグレンのニキビ跡トライアルセットをご使用くださって、その時からビーグレンの製品を信頼くださっている廣瀬様。チャレンジ後はご自身でも分かるくらい、ニキビ跡によってくもりがちな肌のトーンが明るくなって、友達からも「キレイなったね」と言われるほどの、大成功でフィニッシュ!ヒマワリのように華やいだ、元気な笑顔をお見せくださいました。
脱・肌悩みシリーズ(10)ニキビ跡 「つくらない! 残さない!あきらめないニキビ跡ケア! 」

脱・肌悩みシリーズ(10)ニキビ跡 「つくらない! 残さない!あきらめないニキビ跡ケア! 」

スキンケアスペシャリスト・グレン先生のアシスタント、美子が皆様からの肌悩みへのご質問に答えるシリーズ『脱・肌悩み』。第10回目は第9回目のテーマ「ニキビ」の結果ともいえる 「ニキビ跡」を取り上げます。ニキビ以上に手強いニキビ跡の原因をおさらいして、正しいニキビ跡ケアを美子とともに確認しましょう。