ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」

コンビニやカフェで人気の「バスクチーズケーキ」ってどのようなケーキかご存知ですか?このチーズケーキの発祥はバスク地方。バスク地方とは、スペインとフランス、ふたつの国にまたがっている地域です。そのため、言語もスペイン語、フランス語、そしてバスク語があります。バスク地方についての詳細は、私、藤沢セリカのレポート「バスク紀行」の記事でたっぷりとご紹介しますね。今回は、話題のバスクチーズケーキのレシピをご紹介します。

大人のスイーツ「バスクチーズケーキ」

バスクチーズケーキの特徴は、ベイクドとレアの中間くらい、表面はしっかり焼けているのに中はとろとろにやわらかい舌触りである点です。そして、チーズケーキなのに、とてもワインに合うのです。その理由は、チーズケーキ特有の柑橘系(レモンなど)が一切入っていないから。高温で焼くため、上は黒く焦げますが、その苦味がチャームポイント。まさに大人のためのチーズケーキといえます。食感はもちろん、味も抜群に美味しい!他のチーズケーキとは一味違う、本場バスクで教えてもらったレシピ。見た目よりもとっても簡単なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

バスクチーズケーキ<材料 18cm型サイズ>

ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」

  • クリームチーズ・・・450g
  • グラニュー糖・・・150g
  • 卵・・・180g(溶く)
  • 小麦粉・・・13g
  • 生クリーム・・・230g

<下準備>

材料は全て室温に戻す、湯煎用の湯を沸かす、オーブンを220℃に温める

ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」ケーキ型の外側側面にアルミホイルを貼る。
ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」ケーキ型にオーブンペーパーを敷く。

<作り方>

ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」ボウルにクリームチーズを入れ、湯煎にかけながら、ゴムべらでクリーム状になるまでよく練る。
ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」①を湯煎から外し、ゴムべらを泡立て器に持ち替え、グラニュー糖を3回に分けて入れながら、よく混ぜ合わせる。このとき、グラニュー糖のザラッとした感じがなくなるまでしっかりと混ぜ合わせること!
ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」②に溶いた卵を3回に分けて加えながら混ぜる。
ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」別のボウルに小麦粉をふるい入れ、そこへ生クリームを1/3ほど加えて良く混ぜ合わせる。粉っぽさがなくなったら、残りの生クリームを入れてよく混ぜ合わせる。
ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」③に④を加えて良く混ぜ合わせる。このとき、ボウルの中の温度が急激に下がるので生地が固くなり混ぜにくくなったら、再度湯煎(50℃くらい)にかけながら、ゆっくり3分間混ぜる。
ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」生地全体がなめらかになったらケーキ型に流し入れる。軽くトントンとテーブルに落として気泡を抜く。
ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」220℃のオーブンに入れて30~35分焼く。
ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」焼き上がったら(動かすと揺れるくらいの柔らかさでOK!)粗熱を取り、触ることができる程度になったら型から外し、5時間ほど放置する。

ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」完全に熱が取れたら出来上がり。

保存は冷蔵庫ですが、食べる10~30分ほど前(季節による)は室温に戻すとレア感が楽しめます。

ワインに最適!大人に人気の「バスクチーズケーキ」

もっと詳しく知りたい人は・・・私の著書『絶品!バスクチーズケーキ』2020年1月20日発売(河出書房新社)をご覧ください。さまざまなチーズを使ったアレンジや、生地にフレーバーをつける方法、映えるトッピングなどを詳しく紹介しています。

この記事を書いたライター

Cooking Expert/Author

1961年2月4日生まれ、水瓶座O型。料理研究家。ハワイ、バリ、タヒチなどのアイランド料理研究家でもある。TV、ラジオなどメディアでの情報発信、ケータリングなど、食に関して幅広く活躍中。著書に『ハワイごはん』『湘南ごはん』『海ごはん』『ホノルル食堂』など。オフィシャルホームページ「ALOHA DELI

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

レシピの最新記事