2020年フードトレンド予測!注目No1は西アフリカ発スーパーフード!

アメリカの大手自然食品ストアの 「ホールフーズ(Whole Foods Market)」が2020年のトレンドフード予測を発表しました。依然として2019年のトレンド傾向は引き継がれ、小麦粉の代替え品や植物由来の食品、さらに環境問題も考慮して生産されている、人にも自然にも配慮のある食品が2020年も支持を広げていくと推測されています。その中で注目したいのは「西アフリカ発フード」の台頭です。2020年にはスーパーやレストランなどで目にする機会も増えてきそうな西アフリカ発フードを一足先にチェックしていきましょう!

西アフリカ発フードが期待される理由とは?

2020年フードトレンド予測!注目No1は西アフリカ発スーパーフード!

アメリカの食品業界やウェルネス業界が常時着目しているのは、地球のどこかに存在している新たなスーパーフードの発掘です。「奇跡の木」とも呼ばれ、近年話題の「モリンガ」も西アフリカ原産のもの。そして次のトレンドになると予想されているのが、西アフリカ諸国で古くから栽培されている古代雑穀類なのです。

これらの雑穀類は、スーパーフードの称号に相応しい高栄養価と、最近のグルメトレンドのキーワードに欠かせない「グルテンフリー」「Non-GMO(遺伝子組み換えなし)」である点ももちろんクリア!さらに、天候の厳しいアフリカの痩せた大地に生育する強靭さは、世界人口の増加や異常気象による将来的な食糧危機を救う作物ともいわれ、次世代スーパーフードとして大きな注目を集めています。

優れた栄養成分!西アフリカ発ヘルシー雑穀

2020年フードトレンド予測!注目No1は西アフリカ発スーパーフード!

食の未来を救う作物としても期待されている西アフリカ原産の雑穀類は女性にうれしい栄養素もたっぷり。特に日本人女性の4人に1人が不足していると懸念される「鉄分」も豊富です。鉄分が不足すると疲れやすく、貧血になりやすいと広く知られていますが、それだけに留まらず、呼吸困難、頭痛、めまい、イライラ、冷え症など、さまざまな体調不良を引き起こします。また、鉄分は肌のハリの元となるコラーゲンを産生する際に重要な役割も担っています。鉄分不足は、ほうれい線やマリオネットラインなどたるみの原因にもなってしまうのです。

さらに鉄分に加えて、腸内環境を整えることで、すこやかな肌を育む「食物繊維」や「カルシウム」も多く含まれています。カルシウムの役割は「骨をつくる」という認識が一般的かと思いますが、ほかにも体に重要な動脈硬化や高血圧の予防、筋肉の収縮、ホルモンの分泌など、多くの働きがあります。肌への影響も私たちが思っている以上に大きく、新陳代謝を促して肌細胞にある保湿成分を活性化させます。つまり、カルシウムが足りないと、肌から水分を外へ排出してしまい、乾燥やしわをもたらしてしまうのです。

これらの西アフリカ原産の雑穀類の栄養素はほんの一部。次項から健康パワーのみならず、美肌パワーも併せて持つ次世代のスーパー雑穀を栄養素とともにご紹介していきましょう。

フォニオ(Fonio)

干ばつに強く、砂漠などの乾燥した不毛な土地で栽培できるフォニオの歴史は古く、古代エジプトのピラミッドからも出土されているほど。主な産地のセネガルではお米やクスクスのように食されています。他の穀物に比べ、タンパク質、アミノ酸、鉄分、亜鉛、マグネシウム、ビタミンB6の含有量が多く、栄養価の高さが大きな特徴。また、GI値(グリセミック指数)が他の穀物よりも比較的低いため、糖尿病患者やビーガンの食事療法に取り入れるにも有効です。

豊富なアミノ酸は、肝臓のデトックスを促進し、肝機能を整え、また髪の毛や爪の強化にも効果をもたらしてくれます。5大栄養素をバランス良く含み「完全食品」とも謳われる「キヌア」をも凌ぐ高い栄養価、そして土壌の悪い土地でも6〜8週間ほどで収穫できる生育の早さは食糧危機解消に役立つと世界的に注目されている作物です。

主な栄養素:アミノ酸、食物繊維、鉄分、タンパク質、ミネラル

食べ方:ポリッジやピラフなどお米料理代わりに、サラダ、スープなど。

テフ(Teff)

2020年フードトレンド予測!注目No1は西アフリカ発スーパーフード!

主にエチオピアで古代から栽培され、主食とされている穀物で、粉にしてクレープのように焼いた平たいパン「インジェラ」はエチオピアの国民食。調理されたテフ1カップ分に含まれるカルシウム(約123mg)は、調理されたほうれん草の半カップ分のカルシウムとほぼ同量で、穀物類の中でも群を抜いたカルシウム含有量が特徴です。レジスタントスターチ(難消化性デンプン)が豊富で、ダイエット、血糖値上昇の抑制や腸内環境の改善に有効。

主な栄養素:カルシウム、ミネラル、鉄分、食物繊維、タンパク質

食べ方:
<粒状> ポリッジやパエリアなどお米料理代わりに、サラダのトッピングなど。
<パウダー状> パン、お菓子、パンケーキ、クレープなど。

ソルガムきび(Sorghum)

2020年フードトレンド予測!注目No1は西アフリカ発スーパーフード!

苦味&渋み成分を持つタンニンを含むソルガムきび。タンニンには強い抗酸化物質があるといわれ、特に有色のソルガムきび(ブラック、ブラウン、レッド、イエロー)は、色が濃いほど抗ガン性、心臓病、糖尿病のリスク軽減、アンチエイジングの効果が強まると考えられています。食物繊維や鉄分も豊富。

主な栄養素:食物繊維、カルシウム、鉄分、ミネラル

食べ方:
<粒状> 米と一緒に炊く、ポリッジや、サラダのトッピングなど。
<パウダー状> パン、お菓子、パンケーキ、クレープなど。

アメリカで人気の西アフリカ料理

アメリカでは近年のスパイスやハーブを使用したエスニックなスパイシーフードのブームが続き、中東や西ヨーロッパの食文化の影響を大きく受けている西アフリカ料理は大変人気が高まっています。

ガーナ、ナイジェリアなど16カ国が含まれる西アフリカ。国ごとに多少味付けの違いはありますが、トマト、タマネギ、チリペッパーのトリオ使いが総じて西アフリカ料理のベースになっています。さらにジンジャー、レモングラスなどハーブやピーナッツなどを使ったりと、添加物のない自然食材を使ったりと素朴な料理が親しまれています。

自宅で作れる!西アフリカ料理簡単レシピ

日本ではまだ馴染みの少ない西アフリカ料理ですが、穀類やイモ類と並び、米も日常的に食されている主食の一つです。代表的な米料理は、トマト風味でスパイシーな辛さが特徴のジョロフライス。味のベースになるトマト、タマネギ、赤パプリカのピューレは、肉や魚と煮込んだり、野菜とともに食したりと西アフリカ料理では定番の万能ソースです。このピューレにハバネロやカイエンペッパーなどで辛い味付けにするのが西アフリカンスタイル。辛いのが苦手な人は、カイエンペッパーの量を減らしてくださいね。

西アフリカの炊き込みご飯「ジョロフライス(ベジタリアンレシピ)」

2020年フードトレンド予測!注目No1は西アフリカ発スーパーフード!

「ジョロフライス(ベジタリアンレシピ)」<材料 4人分>

  • 米・・・2カップ(洗ってザルにあげておく)
  • トマト・・・2個(中サイズ)
  • 赤パプリカ・・・1個
  • タマネギ・・・1個
  • カレーパウダー・・・大さじ1
  • カイエンペッパー・・・大さじ1
  • ベイリーフ・・・2枚
  • おろし生姜・・・小さじ1
  • ドライタイム・・・小さじ1
  • パプリカパウダー・・・大さじ1
  • ニンニク(みじん切り)・・・2片
  • トマトペースト・・・大さじ1
  • 水・・・2カップ
  • 塩・・・小さじ1

※ノンベジタリアンレシピでは材料の水をチキンブロスで作ってくださいね。

<作り方>

ザク切りしたトマト、タマネギ、赤パプリカをフードプロセッサーでピューレ状にする。

鍋に植物性オイルを入れて中火にかけ、Aを入れて香りが立つまで30秒ほど炒める。

米入れてさらに炒めて①のピューレした野菜、Bを入れて沸騰させる。

沸騰したら、弱火にし、フタをして米がアルデンテの状態になるまで約20〜30分炊いていく。(炊き上がりの米が硬過ぎるようなら、水を1/4カップ追加してフタをして蒸らす)

器に盛って、あればパセリやパクチーなどをあしらって完成。

こちらのレシピもご参考までに!

勢いを増す雑穀ブーム in アメリカ

アメリカでは量り売りで各種の雑穀を販売している店舗も。

グルテンフリーダイエットの影響力、浸透力は凄まじく、今では小麦アレルギーのための食事療法を超えて、健康生活のための”グルテンフリー”が完全に定着したように思われるアメリカ。

グルテンフリーのクッキーはもはや定番に。

特にヘルスコンシャスなカリフォルニアでは、グルテンフリーな食生活にこだわる人たちの層も厚く、世界の不毛な土地で食されている伝統食は天然のグルテンフリーなスーパーフードとして重宝されています。雑穀類は、主食からサイドメニュー、お菓子と調理用途も幅広く、いつもの食生活に取り入れやすい点も魅力ですよね。

日本でも入手しやすい「ボブズレッドミル(Bob’s Red Mill)」のテフ。

デリやサラダバーではマカロニやパスタに代わって、キヌアやクスクスなどが好まれ、雑穀粉のパンやクッキーなども容易に手に入れることができます。「世界の雑穀を食べたいなら、カリフォルニアに集合!」と声をかけたいほどの浸透ぶり。今回ご紹介した西アフリカ原産の雑穀類、フォニオやテフ、ソルガムきびも近いうちにサラダバーに登場しそうです。すでに日本でもアマゾンや楽天などのインターネット店舗から容易に入手できます。2020年大注目のトレンドフードを一足先に毎日の食卓に取り入れてみてはいかがでしょう?

参照:

https://www.wholefoodsmarket.com/top-10-food-trends-2020?ref_=pe_3712720_445680030
https://www.foodtrients.com/news-page/aging-gracefully/wave-next-food-trend-10-african-superfoods/
https://teffco.com/what-is-teff/
http://yolelefoods.com/fonio/
https://www.verywellfit.com/fonio-nutrition-facts-4693487
https://sorghum.jp/sorghum-3
https://all-thats-jas.com/nigerian-jollof-rice.html

この記事を書いたライター

Beauty Lifestyle Writer

サンディエゴの日系出版社にて勤務後、東海岸への引っ越しを機にフリーランスライターに。再び南カリフォルニアに居を移し、窓から見える青い空とパームツリー、窓際で昼寝をしている愛犬を眺めているのが目下最大の癒しです。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ライフスタイルの最新記事