花粉の季節こそ話題にしたい!“ビーポーレン(蜂の花粉)”の楽しみ方【後編】

鮮やかな黄色の粒に美容・健康効果が詰まった「ビーポーレン(蜂の花粉)」。前編では、花粉の真実や栄養素の働きについてご紹介しました。さて、今回の後編では、スムージーやアサイーボールなどが人気のLAやハワイで訪れたいビーポーレンを食べられる・購入できるカフェやレストランをご紹介します。

海外に行かれた際は、日本では普段見られない食材が揃っているスーパーに出向くのも魅力です。ここからは、ライター・市川裕美と一緒に、おススメのお店をチェックしていきましょう。

LA編

SunLife Organics(サンライフオーガニックス)

マリブ発のフレッシュスムージー/ジュースバーのサンライフは、カップやパッケージに咲くピンクの蓮の花が目印のオシャレなお店。マリブやマンハッタンビーチ、そしてLAダウンタウンなどを含む計10店舗が西海岸を中心に展開され、そこに新しく3店舗が仲間入り予定の人気ぶり。

オーダーしてから作るフレッシュなジュースも魅力で、決してお手頃価格とはいえないこだわりのラインナップも、LAの女性たちからは高い支持を集めています。プロテインシェイクやスムージーはオリジナルでカスタムすることができ、トッピング類の中からビーポーレンが選べます。蜂蜜と一緒にたっぷりかける人も多いよう。

Moon Juice(ムーンジュース)

近年ハワイからLAに移り住んだモデルの吉川ひなのさんも通うお店として、日本でも認知度が急上昇する予感のオーガニックジュースバー。健康意識の高いLAの女性の間では、知らない人はいない!といってもいい有名店です。

他のお店と大きく違うのは、スーパーフードのパウダーやプロテインなど、ジャーで購入できる商品の展開が多いこと。また週単位で行うジュースクレンズや漢方医薬師が監修するトニック、クリスプ、ドライフルーツがあり、シンプルなジュースバーの枠を超え、美容・健康商品を扱うショップになりつつあります。

ビーポーレンのジャー(瓶詰)も販売しており、そのまま購入してお持ちかえりが可能。自宅でもスムージーやグラノーラボールにトッピングして楽しむことができます。現在は、メルローズ、ベニス、シルバーレークなど、流行の最先端エリアに3店舗を構え、スタイリッシュな店内はLA女性で賑わっています。

THE HIVE(ザ・ハイブ)

LAの観光エリアとしても有名なサンタモニカにあるのは、蜂のモチーフがキュートなザ・バイブ。スムージーやジュースだけでなく、サラダやサンドイッチ、ボーンブロスやコンブチャなど、スーパーフードを使った種類豊富なメニューを楽しめるオーガニックカフェです。ビーガンやグルテンフリーのオプションも多く、健康を気遣うさまざまな嗜好を持つ女性たちのニーズに幅広く対応してくれます。

自分以外のために一生懸命働くミツバチをショップモットーにし、蜂蜜やビーポーレンのトッピングやオプションも豊富に取り扱い中。特にビーポーレンをたっぷり乗せたフライト(数種類が楽しめるサンプラー)は人気メニューの一つです。

EREWHON(エラワン)

ビーグレンイッシュのサイト内でも何度か登場しているLA発の高級オーガニックスーパー。現在はサンタモニカやベニスを含めた計5店舗の展開ですが、続々と店舗拡大中で、その注目度は大手のホールフーズに勝る勢いです。元々は、マクロビオティックのデリからスタートしており、厳しい基準を守ったオーガニック食材やコスメ、RAWフード、コールドプレストジュース、デリメニューなどが人気。

エラワンでも数種類のビーポーレンが購入可能ですが、中でも人気なのが「Beekeeper’s Naturals(ビーキーパーズ・ナチュラルズ)のオーガニックRawビーポーレン。150gで$24.99(約2500円)とビーポーレンの中でも高級なお値段ですが、エラワンで取り扱いがあることで、その質の高さが保証されています。

ハワイ編

da Cove Health Bar and Café(ダ コーブ ヘルスバーアンドカフェ)

私自身が初めてビーポーレンと出会ったのも、実はハワイのこのカフェのアサイースムージー。鮮やかな黄色が映え、軽やかな甘みと食感が印象的でした。その後数ヶ月はビーポーレンがなければアサイーボールじゃないとばかりにハマり、わざわざハワイ産のビーポーレンをホールフーズで購入して帰ったほど。

ダイアモンドヘッドの麓にあるスムージー/ジュースバーで、もともとはローカルに人気の小さなお店でしたが、観光客のアツイ支持もあり、カポレイエリアに新しく店舗が追加されました。店内ではハワイ産のハチミツもお土産として購入することができます。

Jewel or Juice(ジュエルオアジュース)

観光でも人気のカイルアとカイムキに2店舗を構えるジュエルオアジュースは、新鮮なスムージーやアサイーボールを提供してくれるローカル感たっぷりなお店。ハワイらしいアサイーボールといえば深い赤紫が特徴的ですが、こちらで取り扱うのはアサイーだけではありません。紫イモを使った綺麗な薄紫色のスムージーボールが人気を博しています。

さらに、ハワイ産のケールをベースにしたスムージーボールまで、ジュース専門店らしい充実のラインナップ。こちらのお店でも、ビーポーレンのトッピングでカラフルなスムージーたちに彩りを添えてくれます。

Down to Earth(ダウントゥーアース)

マウイ島でローカル産の自然食品を扱うお店として始まったダウントゥーアースは、現在オアフ島でもホノルルを含む5店舗に拡張され、ハワイのオーガニック&ナチュラル製品を通じて、ヘルシーなライフスタイルを提案しています。

アメリカ本土のように、ハワイの観光客の女性にも、ホールフーズでのお土産ショッピングは絶大な人気を誇りますが、最近はダウントゥーアースの注目度も右肩上がり。特にハワイ産のナチュラル製品を多く取り扱っており、ベジタリアンデリ&ブッフェが美味しいと評判を呼んでいます。

こちらでももちろんビーポーレンの取り扱いがあり、ハワイ産の商品が棚に並ぶことも多いよう。その他のローカルスーパーフードと一緒に、日本でもハワイの自然のパワーを味わいたいですね!

ミツバチからの“贈り物”を手土産に

日本でもナチュラルスーパーや通販でビーポーレンを購入することもできますが、特に太陽が輝くLAやハワイなどの海外で見つけるビーポーレンは、なんだか特別感がありませんか。

特に、最近のLAの人気店では、最後にビーポーレン(蜂の花粉)をトッピングするお店が急増しているよう。 日本からもっと近いハワイでも同様の人気ぶりですし、スムージーやアサイーボールの上に黄色の小さな粒を見つけたら、せっせと働くミツバチからの“贈り物”に感謝して、ぜひ日本へ持ち帰ってみてください。

いつもの食事も、圧倒的な栄養価を誇るスーパーフードをトッピングするだけで、美容・健康効果に溢れる一皿に様変わり。食の楽しみは尽きることがありませんね。

この記事を書いたライター

Beauty Lifestyle Writer

東京でファッション誌の編集・ライターとして活動後、渡米。LAではセレクトショップのバイヤーに。妊娠、出産を機に退職した後はフリーランスのライターとして活動再開。Newスポットの探索、本屋巡り、図書館でお籠り、ハワイへの逃避行が大好き。娘の笑顔とアイスクリームさえあればとりあえず幸せな30代女子です。

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

ライフスタイルの最新記事