『婦人公論』5/8号に、クレイウォッシュが掲載されました

『婦人公論』5/8号に、クレイウォッシュが掲載されました

中央公論新社が発行する婦人・女性誌『婦人公論』5/8号 の「大人の正しい洗顔マニュアル」記事で、「時間をかけて泡立てるのが面倒です」という質問への回答の一つとして洗顔料クレイウォッシュが紹介されました。掲載誌とともにご覧ください。
3分で完成!2018春のメリハリベースメイク

3分で完成!2018春のメリハリベースメイク

ベースメイクの基本とコツが分かれば、疲れた印象を招くクマやくすみ、シミ、毛穴を上手にカバーして、明るい色のファッションにぴったりの透明肌を演出することができます。the Salon by b.glenが2018年春の 「メリハリベースメイク」4ステップをご紹介します。忙しい朝でも大丈夫!3分で完成する簡単テクニックです。ぜひお試しください!
脱・肌悩みシリーズ(1)シミ「美白ケアで一番大切なこと」

脱・肌悩みシリーズ(1)シミ「美白ケアで一番大切なこと」

肌悩みを解決するためには、悩みの原因を突き止め、適切な対処をすることが大切。『脱・自己流スキンケア』でおなじみのスキンケアスペシャリスト・グレン先生のアシスタントに就任した美子が、皆様からの肌悩みへのご質問に答えるシリーズ『脱・肌悩み』。第一回目は「シミ」です。美白ケアで一番大切なこととは何でしょうか? これを読んで憎きシミに別れを告げましょう!
「実感できるお手入れがあれば、年齢なんて怖くない。」ビーグレンチャレンジvol.7

「実感できるお手入れがあれば、年齢なんて怖くない。」ビーグレンチャレンジvol.7

40歳の節目を機に自分の肌と真剣に向き合おうと、香織様(40代)がビーグレンチャレンジ! マッサージ美容液の「QuSomeリフト」では、肌の引き締め効果を実感。「変化を感じられたから、楽しくお手入れできました」と満面の笑顔です。
レチノールの効果と副作用 エイジングケアで注意すべきレチノイド反応とは?

レチノールの効果と副作用 エイジングケアで注意すべきレチノイド反応とは?

レチノールとは、ビタミンAの一種でエイジングケアの代表成分。しかし「どうしてエイジングケアに効くの?」「刺激が強いのでは?」など、たくさんのご質問をいただく 美容成分の一つでもあります。この記事では、 レチノールの種類や機能、注意すべき「レチノイド反応」またレチノール製品の選び方を含めて解説します。
『Marisol(マリソル)』4月号に、QuSomeリフトが掲載されました

『Marisol(マリソル)』4月号に、QuSomeリフトが掲載されました

集英社の月刊発行しているファッション情報誌『Marisol(マリソル)』4月号の「美容のプロが太鼓判プレゼン!わたしの“一発上向きコスメ&ギア”」特集のなかで、ヘア&メイクアップアーティストの小田切ヒロさんにQuSomeリフトをご紹介いただきました。掲載誌とともにご覧ください。
LAセレブに大人気!ロンドン発「恋する小顔マッサージ」

LAセレブに大人気!ロンドン発「恋する小顔マッサージ」

今最も注目されているフェイシャリストといえばロンドンベースに活躍するニコラ・ジョスさん。クライアントにはスカーレット・ヨハンソン、ケイト・モス、ジェニファー・ロペスなどセレブが顔を揃えます。また今年ロイヤル婚を控えるメーガン・マークルもその一人。バレンタイン目前、スペシャルなイベントを120%の状態で迎えるために、彼女のフェイシャルマッサージをご紹介します。
「なめらかですべすべ!納得のうるおい感です。」ビーグレンチャレンジ vol.4

「なめらかですべすべ!納得のうるおい感です。」ビーグレンチャレンジ vol.4

これまでより良い製品を求めてスキンケアジプシーだった綾様(30代)がビーグレンチャレンジ! たるみ毛穴を集中的にのお手入れされたことで、すべすべのなめらか肌を実感。また、「QuSomeリフト」でのマッサージ効果で、フェイスラインもスッキリされました!
ぼやっとした輪郭を解消してシャープなフェイスラインへ

ぼやっとした輪郭を解消してシャープなフェイスラインへ

フェイスラインが四角くなってきた、ぼやけてきた、エラが張ってきたと悩んでいませんか?それは、もしかしたら「食いしばり」や「噛みしめ」癖があるからかもしれません。今や現代病とも言われているこれらの癖。その原因やシャープな輪郭になるための対処法についてご紹介します。