スキンケアコンサルタントと「ZOOMスキンケア相談」Vol.5

お客様一人一人とのご縁を大切にしたい。そして、もっと身近で肌悩みに寄り添いたい。そんな思いから、ビーグレンではお客様が気軽にご参加いただけるイベント企画やコンテンツ作りを行っています。今回は、ご好評につきオンラインコミュニケーションアプリ「ZOOM」を使ったスキンケア相談の第5弾を開催しました。製品とともにお送りしている小冊子『ビーグレンイッシュ!』で、ご参加いただけるお客様を募集。抽選で1名様にIBIMコンシェルジュが肌の状態を画面上で拝見しながらアドバイスさせていただき、さらに特典としておすすめの製品を3つお贈りするという内容です。ここでは、ご相談の一部をご紹介します。

\まだまだ募集中!/
『ZOOMスキンケア相談』では、ご参加いただけるお客様を引き続き募集中です。応募方法は、ビーグレン製品とともにお送りしている小冊子『ビーグレンイッシュ!』をご参照ください。これまで残念ながら当選されなかったお客様も、もちろんご応募いただけますので、お気軽に再チャレンジしてください!

スキンケアコンサルタントと「ZOOMスキンケア相談」Vol.5

【ご相談者様】
屋形 光恵さま(30代/混合肌)
「ビーグレンのホワイトケアラインを使っています。最近は乾燥も気になりはじめているので、乾燥ケアの方法も知りたいです。現在、産後10ヶ月で以前より肌が安定してきており、ビーグレンは産前産後の肌が敏感と感じるときでも使い心地が良いので、これからも続けていきたいと思います」

 

スキンケアコンサルタントと「ZOOMスキンケア相談」Vol.5

【担当・IBIMコンシェルジュ】
古屋真紀(50代/普通肌)
「ビーグレンに出会ってよかった、と思っていただけるような心のこもったサービスを目指しています。肌に合うお手入れを継続すれば、いつまでも若々しく美しい肌を保つことは可能です。年齢に負けない、元気な美肌づくりをご提案させてください」

 

ホワイトケアしながら乾燥を防ぐお手入れ方法

スキンケアコンサルタントと「ZOOMスキンケア相談」Vol.5

古屋

「本日はどうぞよろしくお願いいたします。ホワイトケアのラインをご使用いただいているとのこと、シミやくすみが気になっていますか?また、小さいお子様がいらっしゃるということで、産後の肌に変化はございますか?」

屋形さま

「そうですね。ずっとそばかすもあって、気になっています。また、シミは産前に濃くなって、産後に少しだけ戻っていたのですが、3人目だとなかなか戻らない感じがします」

古屋

「3人お子様がいらっしゃるんですね!それは本当にお忙しい毎日でいらっしゃると思います。妊娠中はホルモンの状態が変わるので、シミが目立つのもその影響があったのではないでしょうか。産後10ヶ月であればホルモンの状態も整ってきていると思いますので、それとともに、お手入れを頑張っていきましょう。シミのお手入れというのは、その箇所だけをケアするというよりも、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を整えてメラニンを排出することが重要で、そのためには、肌を乾燥させないというのがポイントです。最近、肌の乾燥も気になるとのことですが、いかがでしょうか?」

屋形さま

「そうなんです。冬になり暖房を使うことが増え、お部屋も乾燥していて。顔全体がドライになっている感じがします」

古屋

「保湿を強化する方法として、化粧水で水分を与える、クリームで油分を与える、という基本的なお手入れに加えて、ホットタオルをお使いいただくのがおすすめです」

【ホットタオルの作り方】
①タオルを濡らして水が垂れないくらい絞る
②おしぼりのようにクルクル丸めて、電子レンジで1分ほど加熱する

 

古屋

「洗顔後、ホットタオルを顔に1分くらいのせると、肌が柔軟になり、化粧水や美容液、クリームの角層への浸透がしやすくなります。ホットタオルの後は、すぐにスキンケア、特に保湿をしっかりしてください。温めることで血行と代謝が良くなるので、肌のくすみや乾燥を防ぐにも効果を期待できます。ただ、肌のコンディションが良くないときには避けてください。何かご自身で美容のために行っていらっしゃることはありますか?」

屋形さま

「はい。体を温めるようにしています。ハーブティーを頂いたり、湯たんぽを使ったり、また、できる限り湯船に浸かるようにしています」

古屋

「それは、良いですね!体を温め全身の代謝が良くなることで、血行不良による顔のくすみを防いだり、ターンオーバーを整えてシミや乾燥のケアにもつながったりします。先ほどお伝えしたホットタオルも、お風呂で湯船に浸かりながらお使いいただくのも時短になって良いと思いますよ」

屋形さま

「あとは、普段からプロテインを飲むようにしています。タンパク質が十分に取れていないかなと思うので、それを補おうと思って始めました。それまで髪がバサバサしていたのが、少し改善されたと思います」

古屋

「タンパク質は肌をつくる土台となるので、それを補うのはとても良いですね!他にも、こちらの記事では、体を内側からうるおす栄養素や食材についてご紹介しているので、ぜひ参考になさってみてください」

\おすすめ記事/
秋冬の乾燥に負けない肌力をつける! カラダをうるおす食材9選

冬のデリケートなリップケア

屋形さま

「あと最近は、唇の乾燥とくすみが気になっています。今はマスクするので、外にいるときは目立たないのですが…」

古屋

「唇は粘膜なので、顔につける化粧品をそのままつけると負担になってしまいますので、やはりリップクリームや唇用の美容液をつけていただくのがおすすめです。ビーグレンでも、ご注文などでポイントをためてさまざまな特典を楽しめるリワードプログラムの特典アイテムに、リップリビルダーという唇用の美容液をご用意しています」

屋形さま

「実はその美容液、数日前から使い始めたばかりなんです!」

古屋

「そうなのですね、ありがとうございます!リップリビルダーは、日中にグロスとしても使えますし、夜寝る前につけて、じっくり唇をケアしていただくのも良いかと思います。また普段、口紅はつけていらっしゃいますか?」

屋形さま

「最近はマスクするから使っていないですが、その前は使っていました。職業柄、血色の良く見える濃い目の色をつけることもありました」

古屋

「もしかすると、唇というのは色素が移りやすい箇所なので、これまでご使用なさっていた口紅の色素が蓄積されて残ってしまっているという可能性もあります。口紅を使用された後は、専門のリムーバーで落としていただいた方が、色素が残りにくくなります。今後は、ぜひリップリビルダーで引き続きケアをしていただいて、様子を見ていきましょうね」

今回、屋形さまへお贈りする3製品

)QuSomeレチノA

年齢とともに、額や眉間に刻まれるライン※にじっくりと働きかけ、跳ね返すような弾力を感じる肌へと導く美容液。気になる箇所をピンポイントでケアします。

※乾燥による小じわを目立たなくする【効能評価試験済み】

2)QuSomeアイセラム

見た目年齢を大きく左右する、目元お悩みに取り入れたい美容液。ビーグレン独自の浸透※テクノロジーを採用し、美容成分を角層のすみずみまで届けます。

※角層まで

3)QuSomeモイスチャーゲルクリーム

軽いのにみずみずしいテクスチャーの保湿ゲル。肌に備わる「皮膚常在菌」の一つである「美肌菌」の働きに着目し、肌荒れの起きにくい環境へ整えます。

「まず、乾燥による小じわのお手入れにぴったりの美容液QuSomeレチノAを選ばせていただきました。現在、屋形さまがお使いのQuSomeホワイトクリーム1.9は夜用のクリームなので、QuSomeレチノAは朝のお手入れにご活用ください。肌のコンディションが良いときは、夜のケアにダブルでお使いいただき、攻めのお手入れも可能です。
また、肌が薄くデリケートな目元の乾燥ケアにぴったりの美容液QuSomeアイセラム、そして、現在お使いのQuSomeリッチクリームより水分量が多く、QuSomeリッチクリームと重ねても、またQuSomeリッチクリームの代わりとしてもお使いいただけるQuSomeモイスチャーゲルクリームもお贈りいたします」

あなたの理想の美肌づくり、ぜひお手伝いさせてください

スキンケアコンサルタントと「ZOOMスキンケア相談」Vol.5

今回ご紹介したようなIBIMコンシェルジュによるスキンケアのアドバイスや、お手入れプランの設計、AI(人工知能)を使ったスキンケア分析など、充実した個別サポートをご用意している『IBIM定額サービス』。また、製品それぞれの価格を問わず、定額でお好きな組み合わせを自由に選べるのも大きな魅力です。ぜひお試しになってみてください。

スキンケアコンサルタントと「ZOOMスキンケア相談」Vol.5

「これまで定期便を利用していましたが、製品の減る量がそれぞれ違うので、余ったり足りなかったりすることがありました。IBIMだと、足りない製品だけ注文するなどうまく調整することができるので、私には合っています」(屋形さま)

 

詳細はこちらから!『IBIM定額サービス

最新の美容情報を受け取る!

最新の美容情報を受け取る!

よろしければ いいね!をお願いします

Twitterで

スキンケアの最新記事